2013.10.10

愛知県安城市でスポーツエアロビクスを教えていらっしゃる高橋先生のもとに集まったSutudio Doの皆さん。6年前からエアロビクスだけでなくチアダンスもするようになり、その後、メンバーの中から3つのチームが誕生したそうです。

今回は、Twinkle Cheers、Miracle Cheers、B-up Cheersの3チームの皆さんに、お話を伺いました。

Twinkle Cheers、Miracle Cheers、B-up Cheersはどんなチームですか?

Twinkle Cheersは、小学2~4年生6名からなる、ちょっと生意気で(*^_^*)かわいいチームです。
Miracle Cheersは、小学4、5年生7名の、声が大きくて元気なチーム。
B-up Cheersは中高生8名からなる、元気でかっこいいチームです。

参加しているイベントやチームならではの練習方法やルールはありますか?

チアダンスの大会の他に、地元のお祭りやスポーツエアロビクスの大会にも参加しています。練習は主にスポーツエアロビクスを軸として行い、その持ち味を生 かしながらチアダンスの練習も行っています。「挨拶・返事・声を出す」ということをモットーにみんなでがんばっています。

チーム内で流行っていることはありますか?

大会の時に持って行くお守り、うちわ、トートバッグ、ジャージ、ファイルなど、お揃いのグッズがたくさんあります!また、交換日記をしたり、大会の日に友達全員に手紙を書いたりしています。

今後の予定している活動を教えてください。

JCDA関西予選大会に出場します。そして、全国大会への切符を手にしたいです。

同じチアリーダーにメッセージをどうぞ!!

チームに関係なくみんなで応援し合えるチアダンスが大好きです。これからも、チアで笑顔と元気を届けられるよう、一緒にがんばりましょう!

Instructor’s Eyes

Sutudio Doの皆さんは、スポーツエアロビクスに取り組んでいるということを持ち味にし、元気に声を出しながら、練習に励んでいました。先生の話を真剣に聞いてしっかりと返事をする、礼儀正しい素敵なチームでした。  そんな皆さんですが、インタビューが進むにつれ、無邪気な笑顔を見せ、「大会に行くバスの中でオペラ風『サザエさん』の大合唱をします!」と、楽しいエピソードを話してくれました。様々な年代のメンバーがいるにもかかわらず、とても仲が良い様子が伺えました。 愛知県は、まだまだチアダンス人口が少ないところですが、そんな中で、しっかりとしたモットーを持ち、みんなで一生懸命がんばっているSutudio Doの皆さんを、これからも応援していきたいと思います。関西予選大会でのご活躍を期待しています!!