2013.11.18

今回のチームレポートはチーム結成8年目となるVICKYの皆さんにお話を伺いました!

チーム結成のエピソ−ドやチーム構成、チームカラーを教えてください。

チームを結成し8年目。最初はカルチャースクールに週1回習い事感覚で通っていたメンバーが、更に上を目指したい!ということで結成されたチームです。学生、社会人と年齢やバックグラウンドは様々。衣装等は清潔感を大切にしています。

大会やイベントなどの活動状況・チームならではの練習法はありますか?

週に2回の練習の中でメンバーがなかなか揃わないこともあるので、毎回の練習で、基礎練、筋トレ、クロスフロアを行うようにしています。
練習に参加できなかった人のために、メールで注意点を送ったり動画をアップしたりするなどして共有し、練習に来れなかった人が次の練習で1からのスタート にならないよう工夫しています。最近はチームの練習日とは別に時間を設け自主練もするようになりました。
私たちは、JCDA大会出場の他に、イクスピアリや障害者施設などのイベントにも出演をしています。

チーム内ではやっていることやお揃いのものなどあれば教えてください。

チーム内ではやっていることは特にありませんが、ジャージはみんなで揃えています。バッグを揃える案も出ているのですが…笑

今後の目標は?

JCDAの大会に向けて練習しています。
長年やっているチームなのでレベルも少しずつあがってきたため、今まで通り楽しむことも忘れずに、大会では決勝進出を目指して行きたいです。

同じチアリーダーにメッセージをどうぞ!!

社会人チアダンスチームが少ないですが、個性豊かな明るいチームでとても親しみやすいチームです。是非皆さん一緒にチアダンスをやりましょう!年に1回チームメンバーを募集しています。

Instructor’s Eyes

この日の練習参加者全員でインタビューに答えてくださったVICKYのみなさん。
インタビュー中の雰囲気からも、みなさんの仲の良さ、チームワークの良さが感じられました。
それぞれ社会人や学生と、バックグラウンドが違う中で、週に2回の練習をとても大切にされており、とても意識とモチベーションの高いチームという印象を受けました。
「練習に行けなかった週は体が重いんです」や、「体調が悪い時でも見れば、踊れば、元気になれます」など、チアダンスはみなさんの生活の中心になっているようです。
練習も、メンバー全員で作りあげていき、クロスフロアの最中などもポイントとなる声を掛け合いながら、年齢関係なく指摘し合うことで、認め合い高め合っているのが印象的でした。

VICKYの皆さんありがとうございました!
大会でお会いできるのを楽しみにしています!!