2018.04.29

今回のチームレポートは、静岡県で活動されているC-STARスタジオから、C★STAR T-girl、C★STAR Kidsの皆さんの練習にお邪魔しました!C★STAR T-girlの皆さんはALL JAPAN CHEER DANCE CHAMPIONSHIP 2017においてJCDA賞を受賞、C★STAR Kidsの皆さんも同大会のPom部門Youth Large編成で優勝されているチームです!

今回は代表して、中学3年生の望月萌夏さん、片岡悠さん、宮里梨央さん、関口遥香さん、青木このはさん、下里珠稀さんにお話を伺いました。

チームの構成を教えて下さい

T-girlは小学6年生~中学3年生、Kidsは小学4年生~6年生のチームです。

チームの魅力はどんなところですか?

いつも前向きに、思いやりの心を持って行動しているところです。

学校も学年も違うメンバーで、仲良く活動するための秘訣はありますか?

学年に関係なく、注意をしてもらったら必ず「はい」という返事と、「ありがとう」という感謝の言葉を伝えるようにしています。また、休憩時間などに色々な子と話をして、コミュニケーションを取るようにしています。

今強化している練習はありますか?


今は基礎練習に力を入れています。ターンやジャンプ等のテクニックから、Hip HopやJazzといったPom以外のダンスジャンルにも取り組んでいます。

日頃から大切にしている事はありますか?

ダンスを観て下さる方々に、笑顔と元気を届けようという気持ちを大切にしています。
また、応援して下さった方々には、必ず感謝の気持ちを伝えるようにしています。

今後の目標を教えて下さい

最高の演技をして大会で結果を残す事、地域に貢献して皆さんに笑顔と元気と勇気を届ける事が目標です!

最後にメッセージをどうぞ!

大会で結果を残すだけでなく、観て下さる方に笑顔と元気を届けられるのがチアリーダーだと思います。いつも笑顔を忘れずに、前向きな気持ちと思いやりの心を大切にして、最高の演技をしたいです。日々努力をし、成長していく事を忘れずに頑張ります!

Instructor’s Eyes

練習前にまず驚いたのが、体育館に入るなり、皆さんが声を掛け合いながらキビキビと練習準備をされている姿でした。時間を大切にし、効率良く練習をしようとする様子がうかがえました。
練習が始まると常に笑顔で、注意点や大切なポイントを大きな声で言い合いながら練習されていました。相手のことを思って注意をし、それを受けて笑顔で元気に返事をする、という光景を見ていて、とても清々しい気持ちになりました。
インタビューでは、周りの方への感謝の言葉や、地域に貢献したいという言葉を度々耳にしました。演技を通して支えて下さる方々に感謝を伝えたい、という想いが皆さんの活躍の秘訣なのだと感じました。

C★STAR T-girl、C★STAR Kidsの皆さん、ありがとうございました! 皆さんの笑顔と元気と勇気が込められたダンス、これからも楽しみにしています!!