2019.04.27

今回のチームレポートは桜美林大学ソングリーディング部CREAMさんです!

創立から歴史が長く、国内外で数多くの実績を残している皆さん。代表して行藤世奈さんにお話しを伺い、貴重な練習にお邪魔させて頂きました!

チームの構成を教えて下さい

4年生10名、3年生7名、2年生8名の計25名です。(取材当時)

チームの魅力やアピールポイントはどんなところですか?

個性豊かで、踊ることが好きなメンバーが集まっています。部員同士の仲もとても良いです!

チームの活動で日頃から大切にしている事はありますか?

「思いやり」と「感謝」の気持ちです。学校関係者の皆さんやOGの先輩方が練習を見に来て下さったり、大会会場まで足を運んで下さったり、自分たちが本当に恵まれた環境で練習が出来ているのだと感じています。

チームのメンバーとはどんな風にコミュニケーションを取っているのですか?

全員でミーティングをすることはもちろん、一人一人のことを深く知るために練習中(ストレッチ中など)や部活以外でもコミュニケーションを取るようにしていて、プライベートの相談などもします!先輩後輩関係なく仲を深めています。

練習ではどんなことを意識しているのですか?

私たちは人の心を鷲掴みに出来るような、感情が伝わる演技を一番大切にしています。練習中もそれを追求しブレないように常に意識しています。

今後の目標を教えて下さい

私たちらしい演技で、世界一をとれる演技を作りあげることです!

最後に見ている方へメッセージをどうぞ!

これからもCREAMらしさ溢れる演技を皆さんにお届け出来るように頑張ります!
応援よろしくお願いします!

Instructor’s Eyes

終始、部員同士でコミュニケーションを取ったり注意をし合う様子が見られ、インタビューでもお話ししてくれたように、部員間の仲がとても良いことが練習を見ていて伝わってきました!

アップ中も全員で声をかけ合い、意識するところを細部まで共有している様子が見られました。
また、トレーニングやバーレッスンも長く時間を取り、基礎練習をみっちりと行っていました。その最中も指先や呼吸の使い方まで意識をし、できていなければ何度でも繰り返し練習を続ける姿が印象的です!
テクニック練習も何度も反復練習しており、1回1回を大切にしているのだと伝わりました。

皆さんは、自分たちのソングリーディングを知ってもらうためにも部活動応援や地域イベントにも積極的に参加しているそうです。
地域貢献などのボランティア活動は、CREAMさんの意識する”人に伝わる演技“にも繋がっているのではないでしょうか。

取材当日もイベント後のお忙しい中引き受けて下さいました!ありがとうございました!
皆さんの益々のご活躍を楽しみにしています!