2021.06.08

今回のチームレポートは、関西地区で活動するカワイダンスエージェンシーさんです。
京都、福井、大阪、兵庫、奈良、滋賀より集まったメンバーは、3歳から20代まで約200名で活動されています。

中高生で編成されたQUEEN BERRYのチームリーダー藤田 梨依(ふじた りい)さんにお話を聞きました。

チームの構成を教えて下さい

中学1年生から高校2年生8名で活動しています。(取材当時)

チームの魅力やアピールポイントは?

仲がよくひとりひとりがしっかりとしていて、テクニックの終わりを合わせるのが得意です。

今、強化している練習はありますか?

コンビネーション系のテクニックを中心に練習しています。   
お互いに見合って注意しあったり、手本になるチームメンバーの動画を見て研究しています。

今後の目標を教えて下さい

全国大会で上位の成績をとって、世界大会で一位を獲得することです。

日頃の活動で大切にしていることはありますか?

メンバーは関西地区様々な場所から集まって来ているため、土日、祝日しか全員揃って練習することができません。平日は地域ごとに分かれて個々の技術を伸ばす基礎練習が中心です。集まった時には集中して合わせの練習を行っています。また、会えない時間も決めたことを動画で送りあい情報共有をしっかり行うことです。

チームワークをよくするために工夫していることはありますか?

お互いの意見を言い合うために、ミーティングを行い、練習がない日でも連絡を取り合うようにしています。

最後にメッセージをお願いします

コロナ禍でチームの練習が遅くなりましたが、目標を達成できるように日々の感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいと思います。

Instructor’s Eyes

大会チームが一気に会す全体練習を拝見させていただきました。各チーム練習を見ていて大変印象的だったのはQUEEN BERRYさんに限らず各チームメンバーひとりひとりが自立されており、練習の時間配分や、内容などをチームリーダーだけでなく全員が把握して、取り組んでいました。
また、大会練習の通し動画を大きな画面に映し、要練習箇所を何度も止めて見直しながら互いに意見を言い合い、次の練習に活かしており、1分1秒たりとも無駄な時間なく動き続けているその姿から、目標がはっきりと見え全員がそこに向かって努力し続けているのがよく伝わってきました。

QUEEN BERRYさんの今後のご活躍もとても楽しみです。